介護業界で働くために必要な資格や技能とは?

人の命にも係る仕事な為、そこで働くには資格が必要

高齢者に対して、直接体を触って介助や介護を行うのが介護の仕事ですが、一つ間違えれば怪我をさせてしまったり命にも関わるので、その業界で働きたい場合には資格が必要となってきます。現在は国が法律によって定めており、ヘルパー2級や介護職員初任者研修等の修了資格などの資格を持っていないで、無資格で介助を行うことは出来ません。なので、介護福祉業界で仕事をしたいと思われる方は、事前にそれらの資格取得を目指して行きましょう。

取得が簡単で介護業界で重宝される資格

ちなみに、取得の難易度や要件がそれほど高く無く、業界で重宝される資格は介護職員初任者研修修了資格です。数カ月の講義を受講して、最終的な筆記試験に合格すれば、その資格を得ることが可能でそれがあれば、ヘルパーとして働くことも出来れば特別養護老人ホームの介護職員としても働くことが可能になります。その他にも、福祉用具専門相談員として、その資格は使えますので、それ一つあれば働き先を見つけるのに苦労することが少なくなるでしょう。

資格を取得できる知識の他に、技能も重要

また、資格を取得して、介護事業所に採用されればそこで働くことが出来ますが、仕事をしていくためには技術なども重要となってきます。機械を相手の仕事をするのではなく、相手をするのは人間ですので臨機応変に介護をする技術や、介助技術などがいるのです。なので、資格を取得したから終わりではなく、日々技術を磨いていく姿勢も求められてきます。介護業界で働く場合は、資格とそんな技術が必要になりますので、その習得に力を入れて行くと良いのです。

介護職は今注目されている業種であり、介護の派遣求人数は1日のみの仕事から長期の仕事まで多彩です。経験者優遇の高収入の仕事から未経験者歓迎の簡単な仕事まで揃っているので、一度チェックすると良いでしょう。